•   HOME 
  •   HMKL製品のご紹介 
  •   ベイトが小さなフィールドに   HMKL Jordan 50  ハンクル ジョーダン 50   = 販売中 =
  • 表層の魔術師・HMKL Jordan(長さ65mm)のダウンサイジングモデルです。コンパクトなボディサイズでありながら、リアに搭載したウェイトボールが飛行姿勢を安定させ、スムーズなキャストが可能です。ベイトフィッシュが小さなシチュエーションでご使用ください。



    MODELHMKL Jordan 50
    MAIN TARGETBASS
    TYPEFLOATING
    LENGTH5.0cm
    WEIGHT2.0g
    HOOKVANFOOK DT-45S #10
    PRICEシェルプレート入り…¥1,600(税抜)
    上記以外…¥1,400(税抜)




    2016年4月発売

    • SILVER MIRROR [シルバーミラー]
    • AYAYA [アヤヤ]
    • SUPER WAKASAGI [スーパーワカサギ]
    • GHOST WAKASAGI [ゴーストワカサギ]
    • HALF METALLIC SHAD [ハーフメタリックシャッド]
    • MYLAR WHITE [マイラーホワイト]
    • N/SHELL [N/シェル]
    • N/SHELL SPRING PINK [N/シェルスプリングピンク]
    ※ 写真はサンプル商品を撮影したものです。実際の商品とは多少異なる場合がございます。ご了承ください。


     HMKL Jordanは決して春限定の表層ルアーに留まりません。いかなる季節においても、バスの捕食しているベイトにリンクしていれば、バイト率は高まります。表層の魔術師、HMKL Jordanを是非お試し下さい。

    ※ ご購入時、ティンセルがバラバラな方向を向いていたり歪んでいる場合には、指で軽く撫でて整えた上でご使用ください。

    ■ 主要パターン ■

    @ 先ずはキャストして20〜30秒ラインとルアーを一直線にし放置。
       春のワカサギパターンや夏のマンメイドストラクチャーにサスペンドしているバスを水面まで浮かせヒットさせるパターン。

    A (@の方法で反応が得られない場合)
       水面でJordanをトゥイッチさせ、ルアーの存在を気付かせてヒットさせるパターン。

    B (@・Aの方法で反応が得られない場合)
       回収時に素早くトゥイッチし逃げているベイトを演出、リアクションバイトさせるパターン。

    C ボイルしているバスに素早くアプローチし、高速引きでバイトさせるパターン。

    D 回遊しているバスやベイトを追いかけているバスには、
       デッドスローリトリーブで水面にかすかな引き波を立て、アピールさせてヒットさせるパターン。

    ■ 推奨タックル ■

    ● ロッド : スピニングロッド 6ft〜7ft ライトクラス
    ● ライン : ナイロンライン4〜5lb フロロライン3〜5lb PE0.4〜0.8号
    ● リーダー : ナイロン、フロロ共に4〜6lb

    ※ ラインをルアーに結束する際は、なるべくスナップは使用せず直接ルアーに結んで下さい。
       スナップを使用するとかすかな音が生じ、またルアーの動きが大きくなり、Jordanのアピール力が十分に発揮されません。

    ■ 基本アクション ■

    ● スローリトリーブ : ごくごくわずかなローリングアクション。
    ● 高速リトリーブ : ふり幅の小さなS字アクション。
    ● トゥイッチ&ジャーク : キレの良いダートアクション。

    ■ ティンセルの交換方法 ■

    リアに装備したティンセルは消耗品です。痛みが目立つようになりましたら交換の上ご使用ください。

    ● 準備するもの:
     @ティンセル(カラーはお好みのものをご用意ください)
         
         ⇒20cm程度の長さにカットしたティンセルを12本程度揃え、束にします
     Aシリコンチューブ(内径1mm)
         
         ⇒内径1mmのチューブを6mmにカットしたものを1個用意します
     Bライン
         ⇒細めのラインを20センチ程度にカットしておきます
     Cはさみ

    ● 交換手順:
     1.ティンセルの束(@)をリアのアイに通し、半分に折ります。
         
     2.ライン(B)を半分に折り、シリコンチューブ(A)に通します。
         
     3.2でできたラインの輪をティンセルに通します。
         
     4.チューブからラインとティンセルを引き抜きます。ティンセルを引き抜いたら、ラインは外します。(以降ラインは使いません。)
         
     5.ティンセルを張りながらチューブを押し上げ、アイに被せます。
         
     6.ティンセルをカットします。長さの目安は、アイの先端から30mm程度です。
         
     7.指先でティンセルを軽く整え、完成です。